20代から始める薄毛予防-早めに若ハゲ対策しているとお金がかからない!

1度薄毛になってしまうと、元に戻れないと思う人は多くいるでしょう。

たしかに薄毛がフサフサになったらカツラを疑われるケースが多く、ほとんどの人が薄毛は治らないと思っているからです。

しかし実際は薄毛だって徐々に戻すことができます。

それにはお金と時間が必要で、続けられる人が少ないからこそ、薄毛が治らないと思われているんです。

世間一般の人はお金をかけずに薄毛を治したいと思っているからこそ、早めの予防が必要になってきます。

薄毛の治療はお金がかかって続けられない…価格が高いって本当?

ちなみに薄毛を治すのに、どれくらいの価格が必要になってくるのでしょうか?

もともと薄毛というのは病気としては認められないので、保険が適用されません。たしかに薄毛だからといって生活に支障が出てしまうのは、直接的な関係がないでしょう。

だからこそ薄毛を放置して、フサフサにしようと思う人が少ないんですよね。

薄毛は病気でないからすべて実費!だからすべてが高い!

病気だとしたら保険が適用されるといいますが、これはどれくらいお得になっているのか、ご存知の人は少ないでしょう。じつは国民健康保険に入っていると、7割も国が負担してくれているんです。

つまり病院に支払っている金額は3割だけ!たしかに病院で価格が高いな…なんて思うことはほとんどないでしょう。これはすべて国がまとめて支払ってくれているからこそ、病気になっても気軽に治療ができている理由なんです。

しかし薄毛だと病気と診断されないので、7割分もすべて自分で支払わなければいけません。

飲み薬だけでも10,000円も?注射をしたら30,000円するところも!

ではそれがどれくらいかかっているか?そもそも薄毛の治療というのは、投薬による治療と注射を使って髪を生やすことが大半で、すべて数万円単位で計算されます。

しかもその金額は病院やクリニックによってもバラバラ。

場合によったら髪の毛を生やす注射1本で、50,000円も支払う必要だってあるくらいです。

もちろん1回の注射だけでは、フサフサになるわけではありませんから、その金額を考えるとゾッとしますね。

お金がかからない予防をして薄毛にならない方法を身に着けよう!

そう考えると薄毛になってしまった後に、治療を受けてフサフサになるより、先に予防しておくほうがいいと思うでしょう。

少しでも薄毛になってきたな…と思ったら、すぐにその予防をしておくのが、お金をかけずにフサフサでいられるメリット!

ある研究によると髪の毛が残った状態で薄毛の対策をしたほうが、薄くなったところが戻りやすくなった!という結果が出ています。

つまり予防をしていたほうが、髪の毛だって生えやすい環境だというわけです。

生活習慣で薄毛を予防することだってできる

なるべくお金をかけたくない!という人は、まず生活習慣を見直すのが1番!

これだと薄毛を予防していると、自分で言い出さない限り、相手に知られる心配もなく続けやすいでしょう。

基本的に血液の流れをよくする方法や、頭皮をきれいにしておくのがいいとされています。そして健康的な生活を続けておけば、薄毛がひどくなる心配がありません!

食事をして髪の毛が生えやすい栄養をとっていこう

まず髪の毛を作っているのは、自分の体なのは間違いないでしょう。体は食べものでできているという話もあるくらい、栄養をしっかりとれば薄毛を予防できるようになります。

とくに重要な栄養は3種類あり、現代人には足りていないといわれているものばかり。意識して食事をしないと予防になりません。

・たんぱく質
・ビタミン
・ミネラル

たんぱく質とはお肉や魚に含まれる栄養で、これは髪の毛を作るのに必要なものです。髪の毛はケラチンといわれるものでできており、これがたんぱく質になります。

案外多くとっているよ!という人もいるでしょうが、実際は脂質が多くてたんぱく質が少ない食べものを、知らずにとっている場合が多いんです。

お肉だったら赤身が多いものを選ぶと、たんぱく質を多くとれてちょうどいいでしょう。

そして薄毛にいいというビタミンの種類は4つ。A,B,C,Eそれぞれ平均的にとると効果があります。

これで予防ができるのは代謝を高めるのと、髪そのものを作るのに使われる重要な栄養!忘れずにとり続けないと、髪が生えにくくなって予防ができなくなるでしょう。

ミネラルは男性ホルモンに関係する栄養と、代謝を高められる効果がそれぞれあります。少なくなってしまうと抜け毛を増やして、薄毛がひどくなってしまうんです。

抜け毛は男性に多いAGAという症状のひとつ。男性ならミネラルをとるのは予防として必須になります。

関連記事:【2018】育毛サプリおすすめ人気ランキング7選【効果があるのは?】

運動をして代謝を高めたら栄養が頭皮まで届く

次に必要になってくるのが、誰もが面倒になってやめてしまう運動。これは筋肉がつけられる方法を、毎日続けるとしっかり薄毛の予防になるでしょう。

もともと男性は筋肉がつきやすくなっているため、代謝を高くなりやすいんです。

筋肉には毛細血管がたくさん張り巡らされており、それが伸び縮みすることで、頭皮まで栄養を運んできてくれます。

しかし筋力が低下すると、その量が減って髪の毛が増えにくくなってしまうのです。

さらに男性ホルモンとも筋肉は関係しており、筋肉がたくさんつけば、抜け毛の原因であるDHTが減らせられて予防としては一石二鳥!食事ともにやっておくべき方法ですよ。

髪の毛が生えやすい頭皮にするのが重要!それにはシャンプー選び!

髪の毛というのは頭皮にある毛穴から生えてくるものですが、その頭皮は人によって状態がさまざまでしょう。ここに差が生まれるのは、遺伝よりもケアの方法に違いがあるからです。

そのケアというのはシャンプーであり、この使っている種類は適切なものでなければ、髪の毛が生えにくい状態になってしまいます。

もともと男性の頭皮は以下の2種類に大きく分かれており、しっかり予防できていないと、このふたつのどちらかに当てはまってしまうでしょう。

・皮脂が多くてテカテカしている頭皮
・乾燥していてフケが多く出ている頭皮

皮脂が多く出ているなら、その汚れをしっかり落とせる、洗浄力が強めのシャンプーを選んでください。

そしてフケが多くて困っているなら、ほとんどの場合乾燥しているので、洗浄力が弱いアミノ酸シャンプーを使いましょう。

こうすることで髪の毛が生えやすい、髪にとってはうれしい頭皮に変わっていき、いつでもフサフサになる準備が整えられます。

関連記事: 抜け毛対策!スカルプ育毛シャンプーおすすめ人気ランキング7選【2018】

寝ている間が1番髪の毛が生えやすい!質の良い睡眠を続けよう!

さらに薄毛の人は睡眠が十分にとれていないケースが多く、それだとホルモンバランスが崩れて抜け毛が増え、しかも髪を育てる環境でもなくなってしまうんです。

予防をしようと思うのなら、この睡眠もしっかりとるだけでなく、同じ時間に眠れるように努力しましょう。

習慣を変えるだけだとちょっと不安…それなら育毛剤でしっかりケア

 

上記の生活を続けていれば、十分に薄毛を予防することができます。しかしこれだけだとあまり効果が実感できない…だとか、少し不安とおもうのなら、育毛剤を使うのも一つの方法。

名前は育毛剤となっていますが、実際は予防のために使うほうが、効果もあるといわれています。

ともと育毛剤には医薬品と医薬部外品という種類にわかれており、じつは医薬部外品は発毛するものと明記されていません。

つまり薄毛がひどくならないように作られているものであり、予防として使うのがピッタリなんです。これは国が制度を作っているわけですから、その信頼度は高いと思っていいでしょう。

 

関連記事:薄毛対策!育毛剤・育毛トニックおすすめ人気ランキング7選

薄毛を予防しているのにやってはいけないNGな方法

・過剰な飲酒とタバコは絶対にダメ
・目の疲れは肩こりとなって血流を悪くさせる
・ストレスは男性の薄毛に悪い

上記の方法を守っていても、効果があまりないような気がする…と思うなら、薄毛をひどくするNGなことをしている可能性があります。

とくに血行を悪くする行動が多く、髪の毛が育たない環境を自分で作ってしまっているでしょう。

さらにストレスはホルモンバランスを崩して、抜け毛を増やす原因となってしまうので、必ずどこかで発散するように心がけてくださいね。

お金をかけない予防は薄毛のケアを続けやすくておすすめ!

薄毛をひどくささないためには、上記で紹介した方法を、ひたすら続けることが重要です。

とくに食事や睡眠といった毎日するものは、間違った方法でしていると、薄毛をドンドン悪くするでしょう。

お金をかけずに予防ができるわけですから、早めに対処して薄毛を遅らす努力が必要になってきます。

以下の関連記事を参考に、ぜひ早めの薄毛対策を心がけましょう。

薄毛対策!人気の育毛剤・育毛トニックおすすめ7選 【2018】育毛サプリおすすめ人気ランキング7選【効果があるのは?】 抜け毛対策!スカルプ育毛シャンプーおすすめ7選【2018】 ハゲ・薄毛を進行させないためにはサプリを有効活用すべきです 薄毛ケアのシャンプー選びは超重要!おすすめ育毛シャンプーを紹介するよ 間違えた薄毛対策をしていない?薄毛の進行を止めるためにするべき事 薄毛を進行させていた原因はあなたにあるかも?その理由を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です